な叫び声を上げました。

ミズノの意識は、「ふたり」が簡単に出会うのを見て、それが確定してから、5日後に、ソーゲンが完全に人間の世界に降り立ったとき、3つの埋葬を開始し、ルシアに送ります。 。

いいです。サンザンはうなずいて、自分西安桑拿の目で何を考えているのかわからなかった。

ソーゲンはその5日後に笑いました。彼の笑い声は少し恐ろしく、人々に毛深い、新しいパートナーを感じさせました。

幻想的な地下世界が突然消え、すべての光景が無に戻り、3つの埋葬の意識がすぐに切り離されて現実に戻りました。

島国、北陸地方。

三蔵の体は一歩前進せざるを得なかったが、彼は回復して落ち着き、突然現西安桑拿网実に戻るという不快感が彼を不安定にさせた。

静かな森と小さなお寺を遠くまで見ていましたが、空は澄んでいて、すべてが当たり前の風景でしたが、彼の意識は短期間で異世界に突入し、人類の科学技術はさらに発展していくのではないかと思います。このレベルは一世紀では達成できません。

未知の距離を越えて、実際に一緒に意識を引き出すことが可能であり、その並外れた力は本当に恐ろしいものでした。

魔法の。3つの埋葬が停止しました、阿弥陀仏、冥界の仏教の世界、私は地獄に行きません、地獄に行きます。

秋の空の下、彼はまったく寒さを感じず、パンチは体を大きく変え、lv1のパンチでさえ、一般の人々を空中に叩き殺すことさえありました。

そして、彼はまだ彼が島の国のどこにいるのか今まで知りません。ルシアは言うまでもなく、これらの外国の訪問者は本当に地球を十分に知っています。

修道士がルチアに行く方法を考えていたのと同じように、鳥がさえずるように突然空に鳴り響きました。

通話はクリアで高く、耳に届くと爽やかで、音を聞くだけで鳥ではないことがわかります。

Sanzangは顔を上げ、ゆっくりとまっすぐ前を向いた。

粘土でできた奇妙な鳥が空中に浮かんでいて、ゆっくりと3番目の埋葬体の前に着陸しました。この鳥の体重はおそらく非常に重いです。この場合、空に飛ぶことは言うまでもありません。物理学の挑戦。

しかし、形而上学を科学で説明しようとしないでください。これはおそらく、暁を使った方法で、粘土を使って飛ぶ鳥を作ります。スキルは素晴らしく、妖精の方法です。

土鳥は優雅に上陸し、目を見つめながら僧侶三蔵を見つめた。

粘土の鳥が目の前でひざまずいているのを見て、謝罪の手を折って前