ます!」

「彼と一緒に働くことは非常に憂鬱です。彼の個人的な才能が使用されないだけでなく、彼も殺します。時間が経つにつれ、彼に会っても怖くなります。はい、それはただの恐怖であり、恐怖であり、私はまったく自分の見解を表明しませんが、これは不可能だと自分に言い聞かせ、脚本で自分の意見を主張しましたが、彼は私の個人的な復讐をすぐに復讐し、私を降格させて、エラー修正と情報チェックのみを担当する脚本家のアシスタントとして仕事に戻りましょう」

「これは私には非常に不公平です。 、非常に傲慢です。」

「私は本当にそれを我慢できません。彼を退治したかったので辞任しましたが、East United TV局に切り替えた後も、彼を退治できないことに気付きました。彼に拒否されたと思ったとき、私はそれを助けることができません。集中して書いてください!」

「とても痛かったので、診察に行きました。職場での精神的虐待だと医師から言われました。うつ病や不安があったので、数ヶ月関東ユナイテッドのテレビを辞めても、私も責任を負う必要があります。申し訳ありません。「

はい、医療費、仕事の損失、精神的損傷を補償する必要はありません。これらは必要ありません。すべての人の前で教えてください。申し訳あり

ませんが、これは私に値することです!」「はい、彼は天才であることは認めますが、彼は狂人でもあります。間違いですが、けがをしました。彼が個人的な利益を追求する西安夜网ための踏み台にな西安桑拿论坛るべきではありません。」

「多くの人々は、彼はテレビ番組制作サークルと観客の運であると言いますが、私の意見では彼は悪魔です。彼は暴君だ」

梶原翔平はもう読んでおらず、新聞を脇に置いた。

これを見れば十分で、私のアイドルは粉々になっているような気がします。日本の職場ではこのような状況であっても、残業はよくあり、上司は部下を恣意的に弾圧しますが、西安サウナで起こったこのようなことは彼が書いたので許されません「阪沢直樹」を書いた人は裏切りみたい!

だれでも彼の部下を圧迫し、彼の部下を不適切として取ることができますが、彼はできません!

なんて失望したことでしょう。

三田知久も新聞を読んでいたが、一日が終わったとは思っていなかったため、夕刊に掲載されるほどまでに発酵し、苛立ち、怒りを覚えた。

植野さんが言ったことではない、彼はパーテ